<< 八戸・工場アート展 終了 | main | 受賞のお知らせ >>

会場写真

八戸・工場アート展の会場写真の一部を載せます。





見付となるタイトルパネル。受講生の皆さん&学生と共に組み立てました。 今回の会場となった「はっち」は白壁の多い空間だったので、あえて黒で締めています。








ゲストアーティストSaccoさんの展示。八戸の工場リサーチを経て生み出された「工場工場シリーズ」と題された作品群。着眼点が独特で、その新鮮な視点から、新しい工場の魅力に気付かされました。






八戸工場大学のドキュメント展示。これまでと、これからを予感させる内容で構成しました。過去に展示した模型や美術部の旗など、この5年を知る人にとっては懐かしい展示物も。5年目と言えど、知名度はまだまだなので、活動を知ってもらうきっかけになってほしかったのです。










公開制作を行った「タワープラント8」。昨年の夏以降、プランニング・模型での検証・設計・パーツ作り・滞在制作と、ずっとこれをやっていた気がします。この規模で尚かつ精緻な作品を作るには、考えなくてはいけない事がたくさんあります。会場の特性・展覧会全体のバランス・施工方法・安全性・経済性・制作参加者の関わり代・現場の段取りなどなど。

怪我や事故なく無事に竣工する事が出来ました。会期中、かつて八戸セメントで働かれていた方からお声がけをいただき、大変感激しました。この規模から、受講生らと一緒に作り上げた事に驚かれる方もいらっしゃいました。

この他、八戸在住の大西幹夫さんによる八戸の工場景観をモチーフとした切り絵作品群、工場大学写真部による独自の切り口による写真も大変見応えがありました。クラフト部のセンスあるグッズ販売などもあり、工場をもっと知ろう・楽しもうという空気に溢れた、全体として実に八戸工場大学らしい展覧会になっていたと思います。ちなみに、本展には様々な形で八戸の各工場にご協力を頂いた点を書き添えておきます。

計画が進んでいる新美術館においてもこのような市民と共に創作する活動が展開していけたらよいなと思ってます。が、まずは来年度のプロジェクトにおいてもより高い次元で工場との連携プロジェクトが実施出来るよう、注力していきます。


(菊地)

スポンサーサイト

  • 2019.10.11 Friday
  • -
  • 20:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM