<< 再度、八戸 | main | 八戸・工場アート展 解説 >>

八戸・工場アート展






来年1月に八戸で開催される展覧会の情報がリリースとなりました。本展のコンセプトは菊地が考えたもので、開学5年というこのタイミングだからこそ挑戦したかったものです。普通に考えると、表層的な作品なり表現になりかねないモチーフだと思うのですが、市民もアーティストも共に、工場の”中身”を学び続けてきたからこそ、他にはない視覚表現の世界が生み出せるのではないかという思惑と同時に、そもそもどうしてそこまで工場に惹かれるのかという根本的な問いについて私たちなりの解を提示出来たら面白いなと。

加えて、アートプロジェクト・アートイベントでは網羅しきれない・伝えきれない部分や、私たち自身が気付けていない部分を「展覧会」という形式を通して可視化出来るのではないかという期待もあります。なので、単なるグループ展やいわゆる美術館の企画展とは違う、独自の着地点を目指します。実際どのようなものか、現地で是非目撃して下さい。

詳しくはこちら! 八戸工場大学HP

今回、菊地の大型立体作品の制作サポートとして林哲氏(毎回のご協力に激しく感謝!)と岩教大の学生有志が参加してくれる予定です。今回も、「総力の発揮」状態でカタチにします。
そして会期最終日のアーティストトークのゲストには、満を持して八戸にあの人をお招きします!
(さて、誰でしょう?)


(菊地)

スポンサーサイト

  • 2019.10.11 Friday
  • -
  • 13:13
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM