<< 『甦る炭鉱の記憶』展 | main | 再度、八戸 >>

八戸工場大学2017



今年も、八戸工場大学のプログラムがスタートしました。定員を超える市民の皆様にご応募いただき、しかも約半分は継続受講生です。今年で5年目になりますので、初年度から参加された方はもう大学院生になりますね。初回講座ではこれまでの取り組みを振り返りつつ、「工場とアート」についてお話をさせていただきました。
2017もプログラムが盛りだくさん。新たな工場の講義をはじめ課外活動(北日本造船さん特別見学!)、クラフト市への出展があり、最後には工場大学ならではの展覧会を開催すべく企画中です。ご期待下さい。

地域で操業する工場に着目し、その魅力・役割を学び、工場や市民と対話を続けながらアート&クリエイティブの視点での発信を試みるこの取組み、TKが発案し八戸に継続的に通うようになって気付けば8年目になりました。


(菊地)

スポンサーサイト

  • 2020.10.03 Saturday
  • -
  • 20:51
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM