<< 岩見沢プロジェクト、制作スタート | main | 『甦る炭鉱の記憶』展 >>

岩見沢プロジェクト2日目

制作二日目。
菊地と学生は三笠プロジェクト(旧美園小学校)の作品メンテナンス。定期的に整備作業を行っていますので、作品完成後数年経った今も綺麗な状態を維持しています。建物自体の屋根の痛みが激しいのが悩みのタネですが、2017年夏現在は見学可能ですので、まだ鑑賞されていない方はお早めに是非ご覧下さい。




作業後は、炭鉱の記憶推進事業団が見学公開している住友奔別炭鉱跡地を見学してきました。こちらも施設の痛み具合はかなりなものですが、まだまだ健在です。三笠というまちが炭鉱で発展してきた歴史を現在に伝える貴重な遺産です。





その後は岩見沢のプロジェクトサイトへ。川俣氏とふれんずメンバーが作業を進め、前日からさらに丸太の構造物が増殖していました。ボルトナットや杭を使い果たしたところで作業は終了。これにて、北海道インプログレス2017夏のプログラムは全て終えました。
ご参加いただいた皆様、暑い中本当にお疲れさまでした。

今後クリアしなければいけない課題も山積みではありますが、岩見沢プロジェクトの制作としては良いスタートを切れたんじゃないでしょうか。25年は続けたいという話になっており、今年はまさしく1/25の記念すべきプログラムでした。

このプロジェクトを最大に楽しむ支援の仕組み「三笠+ふれんず」は新規会員募集中ですので、是非入会してプロジェクトメンバーになってもらえると嬉しいです。美術手帖7月号のインタビュー記事で川俣氏が語っていたように、昨今の芸術祭ブームのさなか、会員制・独自のコミュニティ・顔の見える関係性だからこそ出来る事を探っていきたいと思います。今後の展開にもご期待下さい。


三笠プロジェクトの作品見学申し込み、三笠+ふれんずの入会はこちらから


(菊地)

スポンサーサイト

  • 2019.10.11 Friday
  • -
  • 16:55
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM