<< 八戸「工場×アート」最新情報 | main | 予告!『虹色の狼煙』 >>

2016.11.23 大牟田市民文化のつどい 大牟田合唱祭を観てきました

 

こんにちは。九州支部の國盛です。九州の冬は暖かいです。

先日は18度くらいありましたよ!

 最近は産炭地にどうやって芸術文化活動が入ってきたのか、その過程を

追っかけている日々です。市史、社史、社内誌、新聞記事、文献で見るといった

他に、現在もその活動を受け継いでいるものがあるので、人にお会いしたり

催しを覗いたりしています。

 

その一つに合唱があり、先日は「大牟田市民文化のつどい 大牟田合唱祭」

を観てきました。合唱祭は35回を迎えたところですが、参加団体の中には

1959年〜1960年にかけて起こった三池争議を機に発足した、うたごえ活動に

由来する団体も出場していました。

三池争議を機に、労働歌で労働者たちを鼓舞する為に発足した

「大牟田センター合唱団」や、同団体を立ち上げ「がんばろう」や

「三池の主婦の子守唄」「沖縄を返せ」「地底のうた」等を

作曲した荒木栄の歌を受け継ぐ「荒木栄うたう会」などが出場されていました。

その他にも、産炭地の発展や衰退の過程で発足した合唱団が勢ぞろいで

「戦後の新聞記事等の中で見ていた名前の合唱団が眼前にいる!」という

個人的に激アツの催しでした。

 

 

大牟田文化会館(1986年設立)大牟田市民の文化系催しと言えばココ。

ホールにはスタインウェイのピアノがあります。3階はプラネタリウム。

美術展示には向かない!という声もあり、1990年代前半には美術館建設運動も

発足するのですが頓挫してしまい、現在も主な展示施設はこちらになります。

 

大牟田センター合唱団。炭鉱の工作機械を作る三井三池製作所に勤めていた

荒木栄によって1957年に結成され、三池争議でうたごえ運動を牽引したのが

始まりです。来年で60周年を迎えます。

 

荒木栄うたう会。荒木栄に直接指導を受け、三池争議で活動していたメンバーも

ご在籍していらっしゃいます。また、第一組合、第二組合、三池争議とは

関連のない方、東京でうたごえ喫茶をされている方など、様々な方で構成されて

います。この日はアコーディオン奏者は出演されずアカペラで披露されました。

 

↓こちらは以前、練習を見学させていただいた時の様子。

 大牟田の多目的交流施設「えるる」で定期的に練習されています。

 

 

 

男性混声合唱団 おおむたグリークラブ。1988年発足。

 

 

同時期には九州青年美術公募展が行われていました。

こちらは1976年に炭鉱が斜陽化する中、芸術文化活動と次世代の育成によって

町を活気づけようとした一人の行政マンによって発足した企画の一つです。

美術展と音楽コンクールが現在も続いています。会場内は写真撮影が

禁止でしたが、高校生や大学生の参画が多いように見えました。

 

地元に住んでいると、三井三池に関連する関心事にアクセスしやすく、

町に関わる面白みを感じています。

先日は「おおむたの色クレヨン」を使って小さなワークショップを行ったので

またそのことについてもご報告をしたいと思います。

 

國盛


スポンサーサイト

  • 2019.10.11 Friday
  • -
  • 17:52
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM