<< 八戸工場大学2016 | main | 八戸工場ガイドブック >>

4月5日(火)〜6月19日(日)福岡県直方市谷尾美術館×直方石炭記念館合同展「石炭の時代」に出品させていただきました

ご無沙汰しております。九州支部の國盛です。
4月5日(火)〜6月19日(日)まで、福岡県直方市谷尾美術館と直方石炭記念館の
合同で「石炭の時代」展が開催されています。
57

 直方谷尾美術館HP
http://yumenity.jp/tanio/
 
筑豊はかつて石炭産業が活況しました。良質な石炭と遠賀川という輸送手段に
恵まれた一帯は、筑豊炭田として栄え、様々な文化が育まれました。
炭鉱を主題とした文学、美術、映像作品等も多数残され、現在も人々の記憶が
受けつがれています。 直方谷尾美術館では、学芸員の中込潤氏を中心に
今回初の試みとして、直方石炭記念館と合同で炭鉱をテーマとした展覧会を
開催されました。操業時に奉納された絵馬に始まり、石炭の増産ポスター、
炭鉱漫画、山本作兵衛の炭坑記録画など70数点が展示されます。

また、旧産炭地の記憶を受け継ぐ世代として、上川伸さんの油絵作品や、
私の作品も2点展示されてあります。
 
2館共通チケットは120円と大変お得ですので、ぜひご高覧下さい。

 
 23

企画
 
石炭燃焼体験 
4月17日(日)、5月15日(日)、6月12日(日)
13:00〜14:00 直方市石炭記念館にて 
八尋孝司館長の解説   雨天中止
 
トークイベント①
4月23日(土)13:30〜14:00 直方谷尾美術館にて
話し手:野口克己さん 「炭坑と行商と僕」 
聞き手:八尋孝司館長(直方石炭記念館)
 
 
トークイベント②
5月28日(土)13:30〜14:00 直方谷尾美術館にて
話し手:麻生浩平さん「青春それは炭鉱」 
聞き手:八尋孝司館長(直方石炭記念館)
 
 
トークイベント③
美術館・石炭記念館 観覧ツアー
6月5日 13:30〜15:00 雨天決行
直方谷後美術館で観賞のち、直方石炭記念館に移動。
案内人:中込潤氏(直方谷尾美術館学芸員)
    八尋孝司館長(直方市石炭記念館館長)
料 金:入場料 120円(二館合同料金)
 


2016年4月5日 西日本新聞

直方石炭記念館は、年表、地図、模型、採炭道具といったオーソドックスな展示
に加えて、文学、視覚芸術といった作品も所蔵されているところが魅力です。

大牟田からJR鹿児島本線、JR筑豊本線を乗継ぎ約2時間。
筑豊への、心は近いが距離はちょっとある いざ直方へ!


 





ここではなんと、日頃は本物が見られなくなってしまったユネスコ世界記憶遺産 
山本作兵衛「炭坑記録画」が、随時見られるのです!登録外の作品がこちらに
所蔵されているためです。その他にも、地底の事故現場を詳細に描いた山近剛太郎や
絵巻物に炭鉱夫に一日を描いた原田大鳳の作品、文学誌などなど、
小さな館内ながらも見応えのある記念館となっています。


歩いて3分程のところに、直方谷尾美術館が隣接しています。
故 谷尾欣也氏がかつて医院として開設していた建物を、1992年に美術館として
オープン。2000年にはご遺族から当館と作品群を譲り受けて、
直方市谷尾美術館となりました。
同美術館の学芸員、中込潤氏が今回の展覧会を企画されています。
ぜひお越しください!


國 盛

 

スポンサーサイト

  • 2019.10.11 Friday
  • -
  • 15:47
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM