<< 三笠プロジェクト 映像撮影 | main | 鋭意プランニング&編集中 >>

八戸は工場のまち

八戸工場大学2015。講座は終了しましたが、先日現地で開催されたクラフトイベント「はっち市」に出展しました。八戸の工場から様々なマテリアルを頂戴し、それらを加工したグッズ等を販売しました。最終日に会場にお邪魔したところ、とても好評で売れ行きも予想以上で驚きました。よい市場調査・マーケティングにもなりましたので、次なる展開にもつながりそうです。



そして今回は、三菱製紙八戸工場を見学させていただきました。八戸工場大学ではここ数年お付き合いもあり、特別に入れていただきました。とにかく色んな意味で圧巻な工場です。八戸にある工場の中でも、かなり規模が大きい部類に入ります。新産都市指定後の第一号誘致企業でもあります。





連続蒸解釜の上まで上がらせていただきました。工場が一望できる高さ。







個人的に最も感動したのはコールセンター。つまり貯炭場です。この建家の奥行きは200m近くあり、大空間を膨大な量の輸入炭が埋め尽くしています。




以下のページでも紹介されています。
TAKEO 紙をめぐる話|紙の生まれる風景 No.05

今回の見学目的はプロジェクトのためのリサーチ。ゲストアーティストの佐藤時啓氏も興奮のご様子。



日頃、なにげなく触れている「紙」が生まれる現場は、大きく、熱い場所でした。改めて、工場凄い!そして24時間三交代で稼働し続ける、生きている工場の姿は本当に美しい。働く人達もかっこいい。
これらのリサーチがどのように結実していくか。。。市民、工場、行政、そしてアーティストの四者による、現在進行形の第二次産業をテーマにした全国的にも大変珍しい取組み、今後の展開にご期待下さい。


(菊地)

スポンサーサイト

  • 2019.11.25 Monday
  • -
  • 11:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM