<< 2015.3.5−6 仙台市 伊達伸明氏によるアートプロジェクト「亜炭香古学」 亜炭の歴史があったんだ! | main | 石川直樹+奈良美智 展 ここより北へ >>

2015.3.15 荒尾市世界遺産シンポジウムin 三池 「三池炭鉱・三池港の世界遺産登録を目指して」

こんにちは。コールマイン研究室九州支部の國盛です。
宇部、仙台、筑豊、三池と渡り鉱夫のように歩き回っています。
本日は熊本県荒尾市で開催された世界遺産シンポジウムを拝聴した
レポートを行います。

IMG_1725

2015年3月15日 熊本県荒尾市 荒尾総合センター大ホールにて

「世界遺産シンポジウムin三池 三池炭鉱・三池港の世界遺産

登録を目指して」が開催されました。

荒尾市はかつて三井三池炭鉱が栄えた場所として、福岡県大牟田市

と共に急激に成長しました。荒尾市は万田坑を中心に炭鉱都市が

形成されましたが、石炭を掘っていた期間は約50年となります。

三井三池炭鉱は1997年に閉山し、もうじき20年を迎えようとして

います。「負の遺産」としての認識も高かった炭鉱遺産は、近年

「明治日本の近代化産業遺産群」の構成遺産として、ユネスコ世界

記憶遺産に暫定リストとして記載されています。

いよいよ世界遺産登録が期待される中、三池炭鉱の産業遺産を

どのような態度や姿勢で受け止め、伝えていくべきでしょうか...。

この日は九州大学教授の藤原惠洋先生の基調講演と共に、地域で

活躍するパネリストの4名の方のパネルディスカッション、

記念講演に世界遺産検定最上級マイスターの本村健太郎氏から

お話をいただきました。 

P3158821
 
P3158817

会場には明治日本の産業革命遺産のパネル展示が行われていました

藤原惠洋先生からは、三池の炭鉱遺産は、ユネスコ世界遺産の基準

である顕著な普遍的価値を有していると評価されていることを

踏まえ、地域は次の段階を考えていかなければならない、と指摘

されました。近年世界遺産登録を果たした富士山、富岡製糸場等の

先例から、インタープリテーションの必要性を述べられます。

炭鉱遺産は、櫓や立坑といった上屋の保存や評価に意識が向きがち

ですが、最も大切なことは地底で石炭を掘っていたということで

あり、それを知るためのシステムに対する理解や当事者の物語を

ありありと伝えていく仕組みこそが重要。

廃墟ではなく遺産として、包括的な価値を学び取った市民が

仲間や来訪者に自分の言葉で臨場感たっぷりに伝えてゆくことの

重要性を述べられました。

パネルディスカッションでは、万田坑ファン倶楽部会長の

瀬戸洋氏、荒尾市観光協会会長の山代秀徳氏、大牟田市立駛馬北

小学校教諭の蓮尾敏之氏、大牟田市企画総務部総務課市

史編さん室室長の山田元樹氏が登壇されました。

万田坑ファンクラブの瀬戸さんからは、資料、ジオラマ、映像、

ガイドによって立体的に見学者に伝えていくこと重要性と難しさ、

そして後世へ伝えることの役割の大切さを語っていただき

山代氏も同様に、炭鉱遺産は児童・学生にとっても貴重な教材で

あることをお伝えいただきました。

蓮尾氏からは、駛馬北小学校の小学4年生〜6年生が、三池炭鉱

遺産および明治日本の産業革命遺産群を、主体的に学び、地域の

人々との関わり通して理解を深め、地域に対する愛着を醸成して

いる過程が話されました。山田氏は、かつて師事した荒尾市出身

で古人骨の研究をされていた田中良之先生は、1986年の時点で

すでに三池炭鉱が国を代表する遺産になると述べられたことから、

宮原坑を中心とした三井三池炭鉱の産業遺産を価値付けと普及を

長年に渡って行ってこられたことが語られました。

同時に、遺産はこれ以上増えることはないが、資料や映像、物語

といった掘り起こすべきものはまだまだ沢山あると仰いました。 

私自身が大牟田の小中学生であった時、衰退する(あるいは閉山

直後)であった炭鉱に対する眼差しは、どこか遠く、郷土の歴史

文化を伝えるものとしては、到底取り上げられるような印象は

なかったように感じます。しかし、時間の経過や行政・民間団体

による保存活用、そして世界遺産という外部の評価によって、

公共の財産や物語として受け継がれる窓口が、より広く開かれ

ようとしています。この機会を大切に、安易な消費に傾倒しない

意識と、地域住民としての意識を持ち、多角的な角度から、より

様々な評価検証を行っていきたいと感じました。

國盛


スポンサーサイト

  • 2019.10.11 Friday
  • -
  • 22:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM