<< コールマインプレゼンテーション | main | 資料充実 >>

立坑やぐらプロジェクト概要

立坑やぐらプロジェクト


三菱美唄炭鉱跡/copylight KikuchiTakuji

炭鉱の象徴とも言える立坑やぐらに着目し、模型化していくプロジェクト。
いくつものやぐらを作り検証し、造形美も含めてヤマの風景の先に何が見えるのか。


「これはなに?」
立坑やぐらを初めて目にした人はそう思うかもしれません。独特な形、圧倒する大きさ、荒廃の表層、無人の荒野にたたずむ姿・・・。
炭坑とは無縁だった世代や地域の人へも関心を寄せさせてしまう立坑の魅力とはいったい何なのか?
その関心からこのプロジェクトは始まりました。

現存している(していた)立坑を模型化することにより、形からのアプローチで炭鉱への理解を深めます。
やぐらによって引き起こされるさまざまな事象を研究制作に吸収し、制作へ展開して行きます。

見た瞬間に引き寄せる魅力を持つ立坑は、いま忘れ去られようとしている炭坑への新たな入口なのかもしれません。
(田中)

スポンサーサイト

  • 2019.10.11 Friday
  • -
  • 08:36
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
一平くんプロジェクト紹介ご苦労さま。分かりやすい説明だね。立坑PJ楽しみにしてる人もいるのでぜひ張り切って作ってください。
  • 菊地
  • 2008/02/13 12:12 PM
田中さん、16日にお邪魔したSです。
志免の立坑櫓を特集した雑誌は
「ワンダーJAPAN」というムックの1号です。
アマゾン等でバックナンバーも入手できますので
ご参考になさってみてください。
雑誌のご紹介ありがとうございます。
早速探してしてみます。資料が乏しかったので、助かりました。
  • 田中
  • 2008/02/20 10:24 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM