<< アサヒアートフェスティバル | main | 佐藤時啓「光ー呼吸 そこにいる、そこにいない」 >>

田川・志免 訪問

仕事で福岡へ行く機会があり、時間がつくれたので田川と志免に足を伸ばしました。他にも見たい所が多々あるのですが、それはまた次の機会に。

まずは田川。石炭・歴史博物館と、敷地内にある立坑・大煙突、高台から見えるズリ山など。




















博物館内では、山本作兵衛の炭鉱画のレプリカ展が開催されており、多くのツアー客が訪れていました。2009年の目黒区美術館と、その後の黄金町バザール、昨年の丸木美術館等で現物を見ていたのですが、現地に足を運んでもレプリカ展示だったのには少々驚きました。やはり、今後現物を見る機会は減っていくのでしょうか。

そして志免。2008年の東京都現代美術館「通路」にて田中一平くんが精巧な模型を制作してくれた、立坑を見てきました。予想以上に、大きく迫力のある構造物でした。のどかな運動公園の中心にシンボリックに存在しています。周辺の鉄道公園などから、住宅街越しに見える立坑の迫力も凄いです。













コールマインラボによる模型(2008年/田中一平 作)




そして、やはりお土産はこちら。


また、九州大学の國盛さんと会う事が出来ました。ぜひまた三笠に来てもらいたいですね。

(菊地)

スポンサーサイト

  • 2019.10.11 Friday
  • -
  • 16:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM