<< 坑夫・山本作兵衛の生きた時代 | main | 坑夫・山本作兵衛の生きた時代 >>

坑夫・山本作兵衛の生きた時代

展覧会『坑夫・山本作兵衛の生きた時代〜戦前・戦時の炭坑をめぐる視覚表現』のステートメントをご紹介します。この展覧会がどのような意図で企画され、どのようなベクトルを持つ展覧会か、分かると思います。
山本作兵衛さんの炭坑画がユネスコの世界記憶遺産に登録されたのは記憶に新しいところですが、作兵衛翁を中心に据えながらも、その他戦中戦時下での炭鉱に関係した様々な視覚表現をめぐる、貴重な内容になる事と思います。また、目黒区美術館の展覧会以後の調査研究で発見された新たな炭鉱絵画等も展示されるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2011年5月、田川市石炭・歴史博物館、福岡県立大学が保管する、故・山本作兵衛の炭坑絵画589 点と日記・メモ類108 点 が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)により「メモリー・オブ・ザ・ワールド」(MOW、通称・世界記憶遺産)に登録されました。それを契機として、現在、炭坑(鉱)への関心が寄せられつつあります。
作兵衛は、炭坑を見聞きすることがなくなる孫たちのため、「炭坑とはどういうもので あったか」を絵画として描き残しました。彼が自宅を訪れた人々に炭坑画を持ち帰らせたのは、世代を越えて炭坑への関心が広がるのを期待していたからではないでしょうか。
世界記憶遺産登録を機に、作兵衛の炭坑画の再評価が進められるのは喜ばしいことです。 その一方、他の画家や写真家たちの炭坑を巡る表現を総合的に見渡し、それぞれの時代、それぞれの産炭地の炭坑イメージや表現に込められた意味を読みなおすことも重要です。
本展では、作兵衛が近しい人たちに遺した「炭坑画」をはじめ、同じ筑豊を描いた原田大鳳、井上為次郎、島津輝雄、山近剛太郎、常磐を描いた大宮昇らの絵画作品や、萩原義弘撮影による、戦時の軍需生産美術推進隊が全国に制作した坑夫像、大正期に町田定明が撮影した『三井三池各事業所写真帖』ほか各産炭地の主要炭坑会社の写真帖など、戦前・戦時に生み出された各地の炭坑をめぐる幅広い視覚表現を検証します。
それらの表現からは、炭坑労働の実情や問題点の啓蒙、国家的要請での石炭増産体制の訴え、炭坑生活へのいとおしみなど、さまざまな思いが読み取れるはずです。
戦後、相次ぐ閉山によって石炭産業の火が消え、産炭地を除けば、これらの視覚表現はほぼ顧みられることがありませんでした。今こそ、作兵衛の「孫たちへの願い」を思い起こし、多くの炭坑の表現者たちが、炭坑をどのように受け止め、世に伝えようとしてきたのか、遺された作品群に目を凝らし、耳を澄まし、頭を巡らす時ではないでしょうか。


「坑夫・山本作兵衛の生きた時代〜戦前・戦時の炭坑をめぐる視覚表現」展実行委員会
相談役:山本照雄、本橋成一、小寺隆幸
実行委員:井上忠俊、緒方惠美、上野朱、中込潤、青木隆夫、渡辺為雄、野木和夫、菊地拓児、萩原義弘、正木基、岡村幸宣

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回は、関連プログラムや刊行物の情報をご紹介する予定です。

(菊地)


スポンサーサイト

  • 2019.10.11 Friday
  • -
  • 14:24
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM