<< 宇部市制施行90周年記念式典 | main | 宇部石炭記念館での企画展示 in 2012 >>

北海道インプログレス『三笠ふれんず』

「川俣正 北海道インプログレス・三笠プロジェクト」を支援する会『三笠ふれんず』のご案内です。この会は、北海道で長期的に展開していくアートプロジェクト「北海道インプログレス」の拠点となる三笠市での活動に対する支援を目的としてたちあがりました。川俣氏の小中高校時代の同級生が中心となり、現在会員を募集中です。
北海道での、新しいアートの実験の場に立ち会いたい・参加したい・応援したいと、本プロジェクトにご賛同いただける方に1口1万円で入会していただくという仕組みです。この会費が、プロジェクトをまわしていく上での原資となり、制作の材料費や必要経費を支える格好です。

「アートプロジェクト」という言葉が一般にも認識される時代に突入し、全国でアートプロジェクトが乱立し、助成金の取り合いになっている節があります。そして、行政や大きな資本主導による国際展やビエンナーレが、二匹目のドジョウ的に今後も増えていく予感もします。その中で、”はじめから助成金目当てで活動する”のではなく、「次回はあるか分からない」という”政治に振り回される形での行政とのタッグ”でもない形で、(訴求力のある)プロジェクトは果たして可能なのか。「プロジェクトというのは、最後には人のつながりでしかない」という点で、ある意味ではプロジェクトの元祖とも言える川俣氏が今回やろうとしている事に、私自身も興味深く思いながら関わっています。

前置きが長くなりましたが、会員への特典が決まりましたので、ご案内をしたかったんです。川俣氏直筆の三笠プロジェクトドローイング(サイン、ナンバー、年号入り/額装済み/八つ切りサイズ)をプレゼントいたします。サンプルを北海道インプログレスホームページに掲載しましたので、ぜひご覧いただき、入会をご検討いただけますと幸いです。ちなみに、絵柄は来年から制作予定の「炭鉱町の風景をモチーフとしたインスタレーション」が中心となります。これで1万円というのは(個人的には)かなりプレミア感のあるものだと思っています。

なるべく、北海道的な”中央の補助金ありき”の発想から離れて、支援する側も推進する側もお互いが納得してメリットを享受しながら、地域の中で事が動いていくのだとすれば、それはぜひ見てみたいですし、北海道を試していくという事にもつながっているように思います。ご興味もたれた方はぜひ、北海道インプログレスホームページをご覧ください。

北海道インプログレス

(菊地)

スポンサーサイト

  • 2019.10.11 Friday
  • -
  • 12:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM