炭鉱遺産模型化プロジェクト



お久しぶりです。コールマインラボの田中です。
宇部プロジェクトでの活動の報告をさせていただきます。

今回の宇部プロジェクトでも立坑やぐらプロジェクトを引き続き担当しています。通路展から約9ヶ月、4つ目の立坑やぐら模型です。
宇部では「炭鉱遺産模型化プロジェクト-石炭記念館改造計画-」と名称をつけました。上の写真が今回制作する石炭記念館です。ごらんの通りやぐらの上が展望台になっており、他では見られないユニークな使われ方をしています。

やぐら+展望台 

この発想はどこからきたのか??
類を見ないアイディアを見たとき、コールマインラボのクリエイター魂に火がつきます。
ラボとして炭鉱遺産である「やぐら」の模型を使い、様々なアイディアを出し、検証をします。その制作から炭鉱への対話が生まれることを願いつつ。。

また、会期中は石炭記念館の来場者の皆様からもアイディアを募り、このプロジェクトへ投射します。


模型完成!(基本形)
今回は実物を見てからの制作、また石炭記念館から図面を頂きとてもスムーズに制作ができました。実を言いますと田中は10/31〜11/3までの参加で実質3日間のラボでした。大急ぎの制作。。


模型完成後は会議。
思いつきでもいいのでどんどんアイディアを出します。


第一弾のプラン。
名付けて「Coal Wall」(菊地室長案)
石炭記念館に石炭の外壁を施すアイディア。

模型はただいま石炭記念館2階に展示しています。


(田中)


奔別建設中



奔別(ぽんべつ)立坑模型、工事中です。
100分の1スケール炭坑夫と比べるとその大きさがうかがえます。(田中)

立坑やぐら模型2

志免立坑が完成しましたので、2つ目は“北海道住友奔別(ぽんべつ)立坑”を模型化することに決定しました。
奔別は北海道空知の立坑で、完成当時は東洋一と言われ北海道炭鉱を語る上では欠かせない立坑です。志免と比べ、構造が複雑になります。今は操業はしておらず廃墟化されていますが、その巨大な姿は今も健在です。
やぐらプロジェクトは「形」という視点から「炭鉱」へアタックしていきます。その視点から見えてきた「炭鉱」を最終的には提示できたらと思います。(田中)

塗装


國盛さんからいただいた、石炭灰絵の具をやぐら模型全体に塗装しました。いい感じのマット感です。実際の志免立坑のコンクリート面とも近い質感。(田中)

模型制作


先日書いた志免竪坑やぐらとは(↑)これです。
福岡県粕屋郡志免町にある竪坑やぐらです。全国で唯一の国営鉱業所で、昭和18年から39年まで海軍の軍艦燃料の採掘所として機能しており、現在は産業技術総合開発機構(NEDO)が保有・管理している。近代化産業遺産33に選ばれ、クリスマスライトアップなどのイベントも催されています。



図面から切り出しをして、組み立て段階に入りました。素材はバルサと厚紙です。
直線で構成されているから簡単だ、と高をくくっていましたが、予想外に難しい。直線ではっきりできている建造物なので歪むともろに表に出てきます。(田中)

立坑やぐらプロジェクト概要

立坑やぐらプロジェクト


三菱美唄炭鉱跡/copylight KikuchiTakuji

炭鉱の象徴とも言える立坑やぐらに着目し、模型化していくプロジェクト。
いくつものやぐらを作り検証し、造形美も含めてヤマの風景の先に何が見えるのか。


「これはなに?」
立坑やぐらを初めて目にした人はそう思うかもしれません。独特な形、圧倒する大きさ、荒廃の表層、無人の荒野にたたずむ姿・・・。
炭坑とは無縁だった世代や地域の人へも関心を寄せさせてしまう立坑の魅力とはいったい何なのか?
その関心からこのプロジェクトは始まりました。

現存している(していた)立坑を模型化することにより、形からのアプローチで炭鉱への理解を深めます。
やぐらによって引き起こされるさまざまな事象を研究制作に吸収し、制作へ展開して行きます。

見た瞬間に引き寄せる魅力を持つ立坑は、いま忘れ去られようとしている炭坑への新たな入口なのかもしれません。
(田中)

立坑やぐらプロジェクト



■プロジェクト紹介
「立坑やぐらプロジェクト」担当の田中です。
第一号のやぐら模型は福岡県志免市のワイディングタワー型の立坑です。高さ52.5m。1/100スケールで制作をしようと思っています。模型の高さも50cmほどになります。現地に行ったこともないので写真のみの制作となり、図面起こしに苦戦中です。。。



ヤグラプロジェクト


室長が購入したドイツ製の立坑(たてこう)プラモデルです。これから塗装を施して展示期間中ディスプレイしたいと思います。
H184×174×118(Nゲージ規格1/150)






昨日ハンズで模型材料を探しに行ったところ「縮尺鉄筋」を見つけました。これでミニRC構造物を作れます。
ヤグラ模型に使えないか?(田中)

静岡クリエイト

profile
links
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
contact
コールマイン研究室へのお問い合わせはこちらからどうぞ
selected entries
categories
recent comment
coal mine BOOK
coal mine BOOK
others
mobile
qrcode
カウンタ
ブログパーツUL5
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM